千葉県弁護士会
メニュー

会長あいさつ

会長あいさつ

 千葉県弁護士会のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。当会令和3年度会長の三浦亜紀と申します。任期は令和3年4月1日から令和4年3月31日までの1年間となります。
 昨年度は、新型コロナウイルス(COVID-19)の出現に人類が翻弄された一年でした。今もなお、皆様の健康や生活や仕事に深刻な影響が及んでいます。
 当会は、千葉県内に事務所を有するすべての弁護士が加入している団体です。働き盛りの優秀な副会長5名とともに、日々、課題に取り組んでいます。既に、昨年より、コロナ対策の一環として電話相談等を実施していますが、今年は「3密」対策もしつつ法的な支援態勢を構築すべく、さらに奮闘していきます。コロナを理由に解雇された、収入が減ってローンの返済が苦しい、感染によって差別を受けた、など、コロナによる皆様の悩みに1人1人の弁護士が寄り添い、一緒に解決を目指して取り組んで参ります。

 もちろん、コロナ対策以外でも、弁護士が担うべき社会的使命は、地道に粛々と果たして参ります。弁護士法第1条は、弁護士は「基本的人権を擁護し」「社会正義を実現する」ことを使命として「誠実にその職務を行い」「社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力」しなければならないとされています。社会の変化に伴い、相続法等の改正、スクールロイヤー制度、裁判のIT化など、新しい事象にも適切に対応して行かなければなりません。時には社会に対して声を上げていくことも必要です。

 現在の困難な社会情勢の中で、当会が以前から連携を図ってきた中小企業・自営業者の支援団体、消費者団体、更生施設その他の各種団体や公的機関の皆様と、より一層、連携を深めて県民の皆様の人権を守っていきたいと願っています。

 離婚、相続・遺言、成年後見、交通事故、労働問題、借金問題、土地などの売買、いじめ、隣人トラブル、刑事事件・・・日々の生活の中で生起する様々なトラブルに巻き込まれてしまって、誰かに相談したいとき、どうか、「弁護士」という職業を思い出してください。このホームページが、皆様の悩み解決の一助となれば幸いです。

2021(令和3)年4月1日

令和3年度 千葉県弁護士会 会長
 三浦 亜紀(みうら あき)